テレビショッピングやネットショッピングで気になるアイテムお試し中♪セール情報もチェックしています♪

奇跡の40代レシピ ~40代からのアンチエイジングMEMO~

コラム 脱毛

ムダ毛の脱毛 セルフ脱毛の方法 安全な方法はどれ?

投稿日:

腕や足、膝、ワキ、vライン(ビキニライン)だけでなく、VIO脱毛など全身の気になるムダ毛。

女性なら季節を問わずにムダ毛の自己処理に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

格安な脱毛エステなどもありますが、通う手間や時間、電話も含めた勧誘も面倒。

そんな理由から、セルフ脱毛でムダ毛を自分で脱毛する方も少なくありません。

自宅で行うセルフ脱毛には、様々な方法があります。

誰もが一度はやった事があるカミソリによる除毛を始め、除毛クリーム、ボディ用シェーバー、脱毛ワックスなど試したことがあると言う方も多いと思います。

今回は、自宅で手軽に行えるセルフ脱毛の中でも特に人気のカミソリを使った脱毛と、脱毛クリームによる脱毛方法についてメリットデメリットをお伝えしたいと思います。

 

カミソリでムダ毛処理のメリットとデメリット

家で自分で行える脱毛(除毛)方法の中で一番手軽な方法と言えば、やはりカミソリを使った方法ではないでしょうか。

どんなご家庭にも置いてあるカミソリ1本で全身のムダ毛処理を済ませる事が出来るのはとても大きなメリットですよね。

その他のセルフ脱毛の中でも、恐らく費用も最も安く済ませる事が出来るのは大きなメリットでs。

ですが、カミソリを使った脱毛をしていると、最初に気になるのが、すぐに新しい毛が伸びてきてしまう事。

数日すると、チクチクとした違和感を感じたりしてしまうので、小まめに剃り直しが必要になります。

カミソリを使った脱毛でよく聞く肌トラブルと言えば、「カミソリ負け」です。

カミソリの刃を直接肌に当てるこの方法は、肌にとって負担も大きく、ムダ毛と一緒に肌の表面にも細かな傷をつけてしまいやすく、肌トラブルを抱えてしまう方も少なくありません。

頻繁に同じ部分にカミソリで刺激を与える事で、黒ずみ屋色素沈着などのトラブルを抱えてしまう方もいらっしゃいますし、暑い季節になるときになる背中やうなじなどのムダ毛処理は、カミソリで行う事が出来ないのが、カミソリによるセルフ脱毛の限界と言えるのではないでしょうか。

また、カミソリと同じように手軽な毛抜きを使った脱毛も、範囲が広い足や腕には不向きですし、毛穴のトラブルの原因にもなりかねません。

また、抜いた部分から生えてくる毛が皮膚の下に潜り込んでしまい「埋没毛」となってしまうトラブルも、毛抜きを使った場合は多くなってしまうようです

カミソリ脱毛と、他のセルフ脱毛方法を上手に組み合わせてムダ毛の無い美肌を目指すのがおすすめです

 

脱毛クリームのやり方は簡単?効果はどう?副作用は?

カミソリ脱毛など、手軽な自宅 脱毛方法の中で、次に手軽で気軽にできるセルフ脱毛といえば、「脱毛クリーム」を使用した除毛方法ではないでしょうか。

カミソリ脱毛で、肌がヒリヒリしてしまったり、乾燥が酷くなってしまったと言う方が次に選びやすいのが脱毛クリームのようです。

ムダ毛用クリームを使った脱毛クリームによるムダ毛のセルフケアの基本的な方法は、

①ムダ毛処理したい部分を清潔にする

②ムダ毛処理したい部分に脱毛クリームを塗り、数分そのまま待つ

③時間が過ぎたら、クリームを丁寧にふき取るか、シャワーで洗い流す。

④肌をしっかりと保湿する

と脱毛クリームのやり方はとても簡単です。

脱毛クリームを使ってムダ毛処理をする場合、脱毛クリームの成分で肌荒れを心配される方も多いと思います。

初めて使う前には、腕や足の内側でパットテストをしてから使い始めるのがおすすめです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

自宅で簡単にできるセルフ脱毛の中でも人気な2つの方法、カミソリ脱毛と、脱毛クリームを使った除毛方法についてお伝えしました。

どんな脱毛方法を行う場合でも、脱毛処理後の肌はしっかりと保湿をしてツルピカな素肌を手に入れてくださいね。

 

 

 

 

-コラム, 脱毛
-,

Copyright© 奇跡の40代レシピ ~40代からのアンチエイジングMEMO~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.